PAGE TOP

2021年 受賞者

2021 Winners

winners decoration

受賞

winners decoration

マイクロフロー光誘導加速による
革新的バイオ計測技術の開発

飯田琢也

大阪府立大学 大学院理学系研究科
物理科学専攻 教授(兼務)
研究推進機構 LAC-SYS研究所
(RILACS)所長

飯田 琢也

このたびは栄えある堀場雅夫賞の2021年度の受賞者にお選びいただき、関係者の皆様に厚く御礼申し上げるとともに、多岐に渡るご支援を賜った共同研究者の先生方、研究室のスタッフならびに卒業生・現役生の皆さんに心から感謝いたします。受賞対象の成果は、光物理を専門とする私が異分野の先生方との共同研究を通じて始めた生化学反応の光誘導加速システム(LAC-SYS)の原理解明と、ハイスループットなバイオ計測を可能とする「マイクロフロー型LAC-SYS」の研究開発に関するものです。がんや感染症などの超早期診断法の基盤構築など医療・創薬を中心に、食品検査・環境計測など幅広く展開し、人類の明るい未来の実現のために引き続きベストを尽くします。

winners decoration

受賞

winners decoration

AI駆動型の高速細胞
形態ソーター群
とその応用開発

太田禎生

東京大学
先端科学技術研究センター
准教授

太田 禎生

この度は身に余る賞を頂き、喜びを感じるとともに、身の引き締まる思いです。この受賞は、大学、ファンドエージェンシーの皆様、研究室メンバー、会社の仲間たち、アカデミック内外からご支援、いつも辛抱強くご指導・応援してくださる先生方、そして家族のおかげであり、深く、心より感謝申し上げます。この度受賞に授かった技術を超えるような、ポジティブなインパクトを社会や世界に与えられる生命解析技術を生み出すべく、今後とも研究チームや共同研究者の皆様と共に日々研究開発に邁進して参りたいと思います。

winners decoration

受賞

winners decoration

近赤外光応答性細胞
死誘導プローブ
の作用機構解明と
治療効果計測基盤の構築

佐藤和秀

東海国立大学機構 名古屋大学
高等研究院・医学系研究科病態
内科呼吸器内科
S-YLC特任助教

佐藤 和秀

この度は堀場雅夫賞を賜り、大変光栄に存じます。選考委員の先生方や指導・支援いただきました皆様に心より感謝を申し上げます。私は、新しいがん治療として注目される近赤外光線免疫療法の機序解明とともに、応用に関する研究に取り組んでまいりました。この革新的な光治療の多様な分野への応用として、がん免疫治療・胸部悪性腫瘍への応用や、新しい光デバイスの開発を進めることで、本治療の適応拡大を見据えた研究開発を進めて参りました。堀場雅夫賞を励みに、今後も医工連携や産学連携を積極的に行い、医療現場で使える技術開発を目指していきます。

winners decoration

特別賞

winners decoration

分光データを利用した
医薬品生産プロセスの
リアルタイムモニタリングと制御

金尚弘

東京農工大学
工学部化学物理工学科
准教授

金 尚弘

堀場雅夫賞という栄誉ある賞をいただきまして、大変光栄に存じます。関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。受賞研究では、分光分析技術によって得られた医薬品のデータを解析することで、計測が困難な医薬品品質を予測するためのモデルの構築方法を開発しました。学生時代から取り組んできたテーマがこのような形で結実したことを、非常に嬉しく感じています。開発した技術および関連技術は医薬品製造プロセスの効率化に大きく寄与できるものです。今後、多方面で開発した技術が応用され、多くの人のしあわせに貢献できることを楽しみにしています。

2021年審査委員会
(敬称略、順不同)

2021 Screening Committee

【審査委員長 審査講評】

2021年度の堀場雅夫賞は、「ライフサイエンス分野の分光分析・計測技術」をテーマとして募集され、51件と多数の応募を頂きました。内容は、生命科学に関わる医学、薬学、理学、工学等の様々なバックグラウンドを有する研究者から、多角的なアプローチが示され、秀逸なものが散見されました。審査側も、異なる分野を有する7名の審査員がそれぞれの立場から評価に当たり、書面、合議で慎重に選考を進め、受賞者を決定しました。最終段階では、本賞の設定に至った故堀場雅夫会長の研究、人材に対する想いも振り返り、4名の決定に至っています。受賞された皆様には、本賞に込められたチャレンジ精神を忘れることなく発揮され、当該分野の発展に大きく貢献されることを願っています。

2021 堀場雅夫賞 審査委員長

岐阜薬科大学 先進製薬プロセス工学研究所

特任教授 竹内 洋文

審査
委員長
竹内
洋文
岐阜薬科大学 先進製薬プロセス工学研究室 特任教授
審査
委員
伊吹
リン太
立命館大学 総合科学技術研究機構 客員教授
津本
浩平
東京大学大学院 工学系研究科バイオエンジニアリング専攻 教授
前川
真人
浜松医科大学 臨床検査医学講座 教授
海外
審査委員
Jürgen Popp Professor, Scientific Director,
Leibniz Institute of Photonic Technology (Leibniz IPHT)
社内
審査委員
内ヶ島 美岐子 株式会社 堀場製作所 営業本部
バイオ・ライフサイエンス(BLS)プロジェクト
副プロジェクトマネジャー
野口
慎太郎
株式会社 堀場製作所 営業本部
バイオ・ライフサイエンス(BLS)プロジェクト
BLS Solution Salesチーム チームリーダー

授賞式

Award ceremony

2021年10月19日(火)に堀場テクノサービス本社ビルにおいて

PAGE TOP