並列ディジタルホログラフィック顕微鏡法による細胞の3次元動画像計測法およびその装置の開発

粟辻 安浩氏

京都工芸繊維大学大学院 工芸科学研究科

准教授 粟辻 安浩氏

※ 所属、役職等は受賞当時のものです

論文要旨

  • 日本語
  • English

試料の3次元情報を動画像計測できる方法として並列ディジタルホログラフィを発明し,その有効性を計算機シミュレーションと原理実験により確認した。本方法は,動く細胞や生体粒子構造,機能,ダイナミクスなどの瞬時3次元計測や3次元動画像計測を可能にし,将来の医療分析,食品・製品検査など多くの応用に有効である。

ダウンロード

研究概要

細胞や生体粒子の瞬時3次元画像計測を実現するために、並列位相シフトディジタルホログラフィを発明し,その原理を実証した。

この技術は、面内に異なる位相を持つ光波を用いて、一瞬に形成される干渉縞画像を撮影して、任意の奥行き位置での焦点の合った画像を画像処理で再生するものである。

この技術により、高速で動く被写体の3次元動画像計測を実現できるようになった。

また、本技術に複数の波長のレーザ光を用いることにより、瞬時3次元カラー画像計測の有効性も確認した。

この技術に基づくシステムは医薬・診断方法や食品検査など産業応用への大きな貢献が期待される。

PAGE TOP