高速サイクリックボルタンメトリーによる環境水中の微量金属の連続計測

パラストゥ・ハシェミ氏

米国 ウェインステート大学 化学科

助教 パラストゥ・ハシェミ氏

※ 所属、役職等は受賞当時のものです

論文要旨

  • 日本語
  • English

Trace metal contamination of natural waters is hazardous to the environment and to the public. The adverse effects of trace metals are well known and potent metal mitigations systems have been developed. To efficiently implement the systems however, more information is needed about dynamic metal behavior in natural systems. This necessitates an in-situ analytical device that is portable and low-cost while providing a continuous measurement output. While electrochemistry has shown promise for this goal it has been limited by its temporal resolution and concerns about Hg toxicity. This paper describes a novel electrochemical technique that can perform Hg free, real-time trace metal analysis at carbon fiber microelectrodes. The application of this method to Cu (II) and Pb (II) measurements is described.

ダウンロード

研究概要

環境水に汚染物質として含まれる微量金属については、健康被害防止や環境保全の観点から、現地での連続モニタリングが重要とされている。

その手法として電極を用いた電気化学法が有望視されてきたが、計測時間や安定性といった性能が必ずしも十分ではなく、電極に使用される水銀の有害性も問題視されている。

ハシェミ氏は、カーボン電極を用いて計測時間の短縮と水銀フリーを実現した“微量金属高速サイクリックボルタンメトリー”を開発し、微量の銅や鉛を0.1秒オーダーでリアルタイムに分析できることを示した。

本技術は、ヒ素やクロムなど、他の微量金属の分析への応用も可能である。

水資源の保全・監視および造水・浄化・再利用をする上で必要な情報源となる、環境水中の微量金属のリアルタイム計測技術として応用が期待される。

PAGE TOP