レーザー分光法とマイクロデバイスを組み合わせた超高感度迅速分析法の研究

渡慶次 学氏

名古屋大学大学院 工学研究科

渡慶次 学氏

※ 所属、役職等は受賞当時のものです

論文要旨

  • 日本語
  • English

レーザー分光法(非蛍光性物質は熱レンズ検出法,蛍光性物質は蛍光法)をベースにした超高感度検出技術の開発と,極微量試料を迅速・高感度に分析・計測することを可能にするマイクロデバイス技術の開発を行ってきた。両者を組み合わせることにより,極微量の生体由来物質(NOなどの低分子,タンパク質,DNA,細胞など)を超高感度かつ迅速に分析・計測することが可能となる。

Both ultrasensitive detection methods based on laser spectroscopy, (thermal lens spectroscopy for nonfluorescent molecules and fluorescence spectroscopy for fluorescent molecules) and microdevices that can rapidly measure ultra low-volume samples have been developed. By combining both technologies, high sensitive detection and rapid analysis of ultra low-volume biological samples (ex. nitric oxide, proteins, DNA, cells, and so forth) has successfully demonstrated.

ダウンロード

研究概要

渡慶次氏は、レーザー分光法(熱レンズ法や蛍光法)とマイクロデバイス技術とを組み合せることで、微量の生体由来物質を超高感度に迅速分析する技術を開発した。

非蛍光性分子の単分子レベルの定量に世界で初めて成功したほか、熱レンズと蛍光検出のハイブリッド化や全自動小型免疫分析装置の実現など、革新的な検査技術確立のための研究・開発を行った。

本研究により、従来の約100分の1の血液量での免疫分析が可能となり、患者の採血時の負荷を画期的に減らす可能性が示された。

採血したその場での診断など、テーラーメイド医療*1をはじめとする今後の医療・ライフサイエンス分野での貢献が期待される。

*1  テーラーメイド医療: 患者一人一人の体質(遺伝子の差異)に応じた医療。

PAGE TOP