2010年受賞

テーマ

人間の健康・安心・安全に影響する空気中の拡散物質のノンサンプリング計測

自然発生する火山ガスや黄砂から、人工的な排ガスや室内のアレルギー原因物質まで、あらゆる発生源から空気に放出された化合物は、拡散速度が早く移動距離が長いという特徴があり、発生源から放出されてから比較的短時間で広範囲に影響を及ぼし、その間に様々な形態に変化をして周囲の環境に影響を与えます。特に人間の生活や健康に被害を及ぼす物質に関して、空気中での時間的・空間的な変動やその変化過程を正しく把握することは、人体への影響を予測する上で重要な仮題となっています。それ故、目的成分の迅速かつ高い精度を持つ検出・計測技術として、サンプリング手法を必要としない監視技術が今後ますます求められます。このような背景から、2010堀場雅夫賞は、空気中の拡散物質、特に人間の健康・安心・安全に影響する物質に関するノンサンプリング計測に着目し、その技術を募集分野に設定しました。

受賞者と受賞研究内容

授賞式

2010年10月15日(金)に京都大学芝蘭会館において

PAGE TOP