多角入射分解分光法:仮想光概念を利用した計測法の構築

長谷川 健氏

日本大学 生産工学部 応用分子化学科

助教授 長谷川 健氏

※ 所属、役職等は受賞当時のものです

論文要旨

  • 日本語
  • English

材料が示す物性と一分子の構造は一対一の関係では結ばれていない。分子構造とは別に、分子の配列が重要な役割を果たすからである。分子の配列を細かく見るには各官能基が向いている方向を知ることが必要となりこれを分子配向という。このたび、赤外分光法を使って分子配向を明らかにする方法として、現実にはない仮想的な縦波光を想定した計測理論を構築した。実際の光でこの計測を実現できる仕掛けは、回帰式と呼ばれる古典的な様式の新しい機能に着目することで実現できた。

*東京工業大学大学院

ダウンロード

研究概要

物質間の界面の特異的な分子層や界面吸着種を赤外分光法で分子配向解析を確立した研究である。

特に赤外多角入射分解分光(赤外MAIRS)法は光学の常識を一新する、まったく新しいコンセプトである。

赤外MAIRS法の新規開発・解析手法の構築は、ソフトマテリアル(LB膜や有機EL膜など)材料の構造解析に非常に役立つことが期待できる。

PAGE TOP